ゴム印の使用用途

スタンプ印と言えば、ゴム印と呼ばれている物を用いることも多いでしょうが、どのような使用用途になっているのでしょうか。ゴムの印鑑の用途としては、やはりたくさんある書類などに、会社の住所や電話番号、会社名などを明記するために用いられています。封筒などを送る場合にもよく用いられているのですが、大半はオリジナルの物を使用することが多いでしょう。

そんなスタンプ印ですが、最近はパソコンを使用した業務が増えてきました。書類などもメールで添付され、印刷をしてから必要事項を記入する場合や、ハンコを押す場合が多くなっています。少ない枚数であればそれでもよいのですが、たくさんある場合にはかなり非効率的になるでしょう。そこで登場したのがWEB上でハンコが押せるタイプのスタンプ印です。

このタイプは、印刷などをしなくてもハンコが押せるので、とても効率的に書類の作成ができるようになります。もちろんオンラインショップや印鑑通販サイトなどでも販売されているので、実際に導入している会社もあるでしょう。ハンコを押す画面をパソコン上に表示すれば、後はパソコン画面の上からスタンプ印を押すだけになります。用紙を無駄に使用することもなくなるので、経費削減に繋がると言えるでしょう。