スタンプタイプの印鑑

よくスタンプ印という言葉を聞くと思いますが、スタンプ印とはどのような印鑑なのでしょうか。簡単に言えば朱肉を必要としないで使用できる印鑑のことです。主な種類はシャチハタやスタンプ台を用いて押すタイプの印鑑が多いでしょう。比較的簡単に押せるため、たくさんの書類にハンコを押さなければいけない場合などに重宝します。自宅などでも宅配便などに用いることがあるでしょう。朱肉を必要としないので、とても簡単というのが最大のメリットです。

しかし、中にはスタンプ印は不可となっていることもあります。このようなときには実印を用いなければいけない場合などが多いでしょう。しかし、役所に提出するような場合や、ローンを組む場合を除けば、滅多にスタンプ印が不可となっていることはありません。もちろんスタンプ印もインターネット上にあるネットショップや、通販などを利用して購入することが可能になっています。スタンプ台を用いるタイプのハンコは、ゴム印などと呼ばれており、専門に販売されている店もあるのです。

会社の事務所などではよく使用されており、オリジナルの物を作成してもらうこともできます。それほど高い料金は必要ないので、会社の住所や電話番号、会社名などを記入する手間を省くために用いられているところも多いでしょう。当サイトではスタンプ印と呼ばれているゴム印やシャチハタと言った印鑑について触れています。どのような種類があるのかなどを調べたい場合に活用してもらえればと思います。