一般的なシャチハタ

スタンプ印の中でも、最も多くの人が所持していると言っても過言ではないのがシャチハタという種類でしょう。シャチハタというのは、ハンコの本体の中にインクが内蔵されているので、スタンプ台を用いる必要はありません。押したいときに本体のふたを開けて、そのまま押せば使用できるというとても簡単なタイプになっています。種類もたくさん販売されているのが特徴です。

中にはボールペンの反対側にシャチハタのスタンプ印が付いているという種類もありますし、比較的大きなタイプも販売されています。イラストなどがプリントされているタイプもあるので、デザイン性も高いと言えるでしょう。シャチハタは100円ショップなどでも販売されているのですが、やはり寿命が短い場合が多いので、ネットショップや通販サイトを利用して購入することもあると思います。

ネットショップや通販サイトを利用して購入する場合には、より多くの種類を取り扱っていることが多いでしょう。値段も数百円台から数千円台まで幅広くなっているのですが、自宅で使用する分には安いタイプでも十分です。ただし、会社で業務などに使用する場合には、頻繁に使うことになるので、少し高い種類のシャチハタを購入した方がよいでしょう。



ゴム印の使用用途

スタンプ印と言えば、ゴム印と呼ばれている物を用いることも多いでしょうが、どのような使用用途になっているのでしょうか。ゴムの印鑑の用途としては、やはりたくさんある書類などに、会社の住所や電話番号、会社名などを明記するために用いられています。封筒などを送る場合にもよく用いられているのですが、大半はオリジナルの物を使用することが多いでしょう。

そんなスタンプ印ですが、最近はパソコンを使用した業務が増えてきました。書類などもメールで添付され、印刷をしてから必要事項を記入する場合や、ハンコを押す場合が多くなっています。少ない枚数であればそれでもよいのですが、たくさんある場合にはかなり非効率的になるでしょう。そこで登場したのがWEB上でハンコが押せるタイプのスタンプ印です。

このタイプは、印刷などをしなくてもハンコが押せるので、とても効率的に書類の作成ができるようになります。もちろんオンラインショップや印鑑通販サイトなどでも販売されているので、実際に導入している会社もあるでしょう。ハンコを押す画面をパソコン上に表示すれば、後はパソコン画面の上からスタンプ印を押すだけになります。用紙を無駄に使用することもなくなるので、経費削減に繋がると言えるでしょう。



スタンプタイプの印鑑

よくスタンプ印という言葉を聞くと思いますが、スタンプ印とはどのような印鑑なのでしょうか。簡単に言えば朱肉を必要としないで使用できる印鑑のことです。主な種類はシャチハタやスタンプ台を用いて押すタイプの印鑑が多いでしょう。比較的簡単に押せるため、たくさんの書類にハンコを押さなければいけない場合などに重宝します。自宅などでも宅配便などに用いることがあるでしょう。朱肉を必要としないので、とても簡単というのが最大のメリットです。

しかし、中にはスタンプ印は不可となっていることもあります。このようなときには実印を用いなければいけない場合などが多いでしょう。しかし、役所に提出するような場合や、ローンを組む場合を除けば、滅多にスタンプ印が不可となっていることはありません。もちろんスタンプ印もインターネット上にあるネットショップや、通販などを利用して購入することが可能になっています。スタンプ台を用いるタイプのハンコは、ゴム印などと呼ばれており、専門に販売されている店もあるのです。

会社の事務所などではよく使用されており、オリジナルの物を作成してもらうこともできます。それほど高い料金は必要ないので、会社の住所や電話番号、会社名などを記入する手間を省くために用いられているところも多いでしょう。当サイトではスタンプ印と呼ばれているゴム印やシャチハタと言った印鑑について触れています。どのような種類があるのかなどを調べたい場合に活用してもらえればと思います。